お庭の事でお困りなら植正へご相談ください。迅速・丁寧に対応いたします。植木の剪定・造園工事・お庭のリフォーム・雑草対策・ウッドデッキ・目隠しフェンス・外構工事

ウッドデッキ・ウッドフェンス

ウッドデッキやウッドフェンスをご検討中の方へ

ウッドデッキやウッドフェンスを作ろうと思った時にまず何を考えますか?
デザインや大きさ、用途や材質、それに予算・・・
ウッドデッキやウッドフェンスは賢く作れば価格を抑えても長い間ご使用いただけます。
賢くウッドデッキやウッドフェンスを作るポイントをまとめたので参考にしてみてください。

用途を考える

まず最初にどのような用途や目的でウッドデッキやウッドフェンスを作りたいのか考えて下さい。

ただ漠然と「ウッドデッキやウッドフェンスがある家に憧れていたから」と言うのが目的でも良いと思いますが、用途や目的が決まるとこの後の項目が決めやすくなります。

 

ウッドデッキの場合
・チョットした腰かけが欲しい
・外でくつろぐスペースが欲しい
・どうせ作るなら布団や洗濯物が干したい・・・など

ウッドフェンスの場合
・お隣や道路からの目隠しが欲しい
・道路やお庭の間仕切りにしたい・・・など

デザインや大きさを考える

目的や用途が決まったらそれに合わせた形や大きさを考えます。

ウッドデッキの場合
・チョットした腰かけ程度なら縁台サイズでも十分?
・外でくつろぐ為に机や椅子が置きたいなら1坪(3.3㎡)以上?
・布団や洗濯物が干したいなら布団や洗濯物を干す為の設備が必要?
・外からの視線が気になるなら目隠しになるフェンスも必要?

ウッドフェンスの場合
・目隠しにしたいから板材と板材の隙間狭い方がいい?視界を遮れる高さは?
・間仕切りだけなら板材と板材の隙間は広くても平気?高さは低くて平気?
・ペットの脱走防止だから飼っているペットの大きさに合わせて隙間や高さを決めないと・・・

一例を挙げただけでもこれだけあるので、やはり用途や目的が重要になってきます。

どんな材質が良いか考える

大きく分けると天然木か人工木に分かれます。

各々の特徴を考えながらご自身に合った物が何かを考えます。

天然木

ハードウッドとソフトウッドがあり、さらに各木材ごとの特徴があるのでご自身に合った物は何かを考えます。
代表的な木材の特徴は以下の通りです。

価格は高くても耐久力なら断然ハードウッド

ハードウッドは主に広葉樹を指し、非常に硬い木材です。
耐久力は高く15年~30年以上。
その分成長に時間が掛かるため価格も高く、その重量から運賃も高くなります。

ウリン
ハードウッドの代表的な木材。
”アイアンウッド”と呼ばれているだけあって非常に硬く、耐久性の有る木材です。
その性能はメンテナンスをしなくても25年以上と言われています。
デメリットとしてはハードウッド特有のササクレが出ること、材質が硬くて重い為に加工が困難なこと。
また、ウリンの特徴として数ヶ月間はアクが出るので周囲の物への色移りに気を付けた方がいいです。
価格は高めですが耐久年数から考えるとランニングコスト的には意外に安くなるかもしれません。

イペ
ウリンと並んで”ハードウッドの王様”と呼ばれる木材。
ウリンと同等の硬さ、耐久性をもっています。
公共施設での使用率がNO.1と信頼のおける木材ですが、ウリンよりも価格が高く供給が安定していません。
イペはウリンと同様にササクレは出ますが、アクはあまり出ません。
非常に優秀な木材ですがコストや供給の面でウリンに劣ります。

イタウバ
ウッドデッキの床板にオススメの木材。
ハードウッドの中では柔らかめで加工性があります。
しかもメンテナンスをしなくても20年以上の耐久性がある優れもの。
イタウバの特徴として油分が多く、他のハードウッドに比べてササクレがほとんど出ません。
その特長から素足で歩けるデッキ材として近年注目されていて、小さなお子様のいるご家庭にも安心してご利用いただけます。
価格もウリンより安く、供給も安定しているのでオススメの木材です。

セランガンバツー
ハードウッドで一番のコストパフォーマンスを誇る木材。
他のハードウッドに比べてリーズナブルな価格で、かつ15年以上の耐久性を持つ木材です。
供給量が多く、安定しているので必要なサイズの木材が揃いやすいメリットもあります。
ササクレが結構出るのでウッドデッキの床板には向きませんが、価格を抑えたウッドフェンスを作るにはオススメの木材です。

サイプレス
”世界一シロアリに強い”と言われている木材。
別名”オーストラリアヒノキ”と言われるだけあって、ヒノキに似た節と木目が特徴の木材です。
同じヒノキでも日本のヒノキと違い、ハードウッドに分類されるヒノキです。
耐久性も15年程度有り、加工も比較的容易です。
他のハードウッドとは見た目が異なりヒノキ特有の良い香りが有るため、他人とは違うウッドデッキやウッドフェンスを作りたい方にオススメの木材です。

価格が魅力のソフトウッド。でも耐久力は・・・

ソフトウッドは主に針葉樹を指します。
成長が早く、重量も軽いので価格も安価な物が多いです。
木材も柔らかく加工性は良いのですが、その分耐久力に劣る傾向があります。

SPF
S(spruce・トウヒ)P(pine・マツ)F(fir・モミ)の3種類からなる木材。
非常に安価で、ホームセンターなどでもよく売られている木材です。
加工性も良く、複雑な形でも思った通りの物が作れます。
住宅の構造材にも使われ強度も十分。
安く作るならSPFが一番なのですが、屋外での耐久性が悪く2~3年で腐食する場合もあります。
そのため、塗装や防腐剤などのメンテナンスにお金や手間が掛かり意外と費用がかかります。

ウエスタンレッドシダー
一昔前はウッドデッキ材として多く使われていた木材。
木肌が柔らかい雰囲気を持っているのでカントリー調なウッドデッキやウッドフェンスを作れます。
塗装や防腐剤などでメンテナンスをすれば10年程度は使用できます。
ただ、近年は供給に制限があり、価格も高騰してハードウッドより少し安い程度。
作成時に防腐処理などをするとハードウッドよりも費用がかかる場合もあります。
また、その後の定期的なメンテナンスを考えると割高感が否めません。

ベルダデッキ
ソフトウッドなのに高い耐久性を持った木材。
ベルダデッキは最先端の技術を駆使し、防腐・防蟻処理を施し、腐朽とシロアリによる被害から保護している木材です。
NZのkeyland社が提供する優れた外観と高い耐用年数を持つ無垢のウッドデッキ材。
最先端の技術を駆使し、防腐・防蟻処理を施し、腐朽とシロアリによる被害から保護しています。
世界では15年以上に亘り使用されていて、ササクレやひび割れが出にくいこと、その優しい外観から保育園や幼稚園で高い評価を得ています。
価格はハードウッドと同等ですが加工性の良さから次世代のウッドデッキ材として注目されています。

人工木

各種メーカーが販売している人工のウッドデッキやウッドフェンス材。
柱や束柱・大引材に金属製の物(主にアルミやステンレス)を使い、板材には人工樹脂に木粉を混ぜた物を使っています。
腐朽しないメリットがありますが、価格が高価なこと、夏場に表面が熱くなることなどのデメリットがあります。
また、基本的にキット販売になるので複雑な形にすると施工に手間がかかったり、人工樹脂の性質として気温による伸縮があるため、それを考慮した施工技術が必要になります。

オススメは断然ハードウッド!

ウッドデッキなら床材はイタウバ。
構造材は丈夫さではウリン、価格で選ぶならセランガンバツー。
ウッドフェンスも丈夫さのウリンか価格のセランガンバツーがオススメです。
また、一風変わった物をご希望ならサイプレスやベルダデッキもオススメです。

予算を考える

どのご家庭でも最も重要なのがご予算だと思います。
せっかく理想通りのウッドデッキやウッドフェンスを設計しても、ご予算を大幅に超えていては工事には至りません。
無理のない範囲でご予算を設定し、その中で理想に近づけるのがベストです。
もちろんご予算内で理想の物を作る事が出来れば、それに越したことはありませんが、少しでも価格を抑えるためにチョットしたコツを教えます。

形はシンプルに
複雑な形や曲線の場所があったりすると加工に手間が掛かるので費用も高くなります。
同じ大きさでも長方形などシンプルな形の方が価格を抑えることができます。

セランガンバツーを上手に使う
材質の所でも書きましたが、ウッドデッキなら床材はイタウバがオススメですが、構造材をセランガンバツーにすると費用を抑えられます。
また、ウッドフェンスならセランガンバツーだけで作るとウリンやイペ、イタウバよりも費用が抑えられます。
ただ、耐久性はウリンやイペ、イタウバの方が高いので、耐久性と価格とでどちらを優先するか悩むところです。

大きい方が割安
例えばウッドデッキだと、1.5坪(5㎡)の物と縁台サイズ(1㎡)の物では1㎡に対する単価が変わってきます。
理由として、1㎡(2m×0.5m)と2㎡(2m×1m)では柱の本数や根太の本数が同じなので作成にかかる工程が同じだけ必要となります。
根がらみや板材が長さが半分だとしても、全体的な価格が1/2にはならないのです。
なのでご予算の範囲内なら大きい方がお得なのです。

参考価格
ウッドデッキ1坪(3.3㎡) 床材イタウバ 躯体ウリン ¥130,000前後 ※基礎工事は別途
ウッドフェンスH1.5m 板間1cm 笠木有り セランガンバツ使用 ¥32,000/m前後 ※基礎工事は別途

 

以上がウッドデッキやウッドフェンスを設計する際のポイントになります。
考える事が多すぎて難しい・・・と言う方はご予算とご要望をお伝えいただければ、こちらで最適な物をご提案しますのでお気軽にご相談ください。

 

ウッドデッキに関する施工例を見る・・・

ウッドフェンスに関する施工例を見る・・・

お気軽にお問い合わせください TEL 0475-47-2391 受付時間9:00~21:00【土・日・祝日もOK!】


こんにちは。
植正の代表の伴です。
「お客様の要望に耳を傾け、一緒にお庭を造っていく」
これが植正の理念です。
ですから、遠慮せず「こんな風にしてみたい!」とご相談ください。
お客様の理想のお庭造りに最大限の力でご協力いたします。

 

私たちの考え方

PAGETOP
Copyright © 植正 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.