茂原市の自宅にウッドデッキを造りました。
昨年から妻に頼まれていたのですが忙しくてなかなか造れませんでした。
今年になって新しい従業員も加入し多少時間に余裕ができたので
従業員の練習も兼ねて造りました。
サイズは2750×1200でイタウバとセランガンバツを使いました。
どちらもハードウッドなのでメンテナンスフリーで高い耐久力があります。(15~20年)

一緒に人工芝も頼まれていたので基礎を設置した後に人工芝と防草シートを敷きます。
IMGP0619

 

 

 

 

 

基礎を基準に柱を建て、根太、根がらみを組み板材を貼ります。

IMGP0620

 

 

 

 

 

板材を貼り終えたら手すり(フェンス)部分を造ります。
今回は余った根太材を使い縦格子にしました。
IMGP0621

 

 

 

 

 

階段の代わりにステップを1段付けました。
我が家の子供たちもとても気に入ってくれました。
IMGP0627

 

 

 

 

 

イタウバはイペやウリンに近い耐久力がありながらササクレ等が出にくいので
面材にすることで素足等でも安心してご使用いただけるため植正ではイタウバを推奨しています。
植正ではイタウバ、セランガンバツ、イペ、ウリンの他にも白アリに強くヒノキに似た風合いのサイプレスや
美しい赤褐色が特徴のマルニカラ(アマゾンジャラ)、コスト重視のレッドシダーなど多種多様の材料を
ご用意いたしますのでお気軽にお問い合わせください。

 

お気軽にお問い合わせください TEL 0475-47-2391 受付時間9:00~21:00【土・日・祝日もOK!】