市原市桜台でお庭の一部をリフォームしました。

 

建物裏手の砂利を撤去し平板にリフォームしました。

最初は防犯砂利のお問い合わせだったのですが、「近隣からの落葉の掃除がたいへん」との事だったので箒で掃きやすい様にと、平板への変更をご提案し施工させていただきました。

 

 

まずは既存の砂利を撤去します。

 

 

全体を2回に分けての作業になります。

今回は建物のラインまでになります。

 

 

防草シートを撤去したら下地作りです。

今回の下地は砕石を5cm敷きならし転圧します。

仕上がりの高さから逆算して土を削り砕石を敷きます。

排水桝なども仕上がりの高さにあわせて調整します。

 

 

下地ができたら平板を敷いていきます。

空練り(水を使わず砂とセメントを混ぜたもの)で高さを調整しながら敷いていきます。

 

 

平板を敷き終えたら目地材を詰め込みます。

乾いた目地材を箒や刷毛ですりこみプレートで振動を与えて落とし込みます。

その際、インターロッキング用のゴムのついたプレートを使い平板が割れないようにします。

最後に散水をして完了です。

 

 

排水桝の周りは丸くカット出来ないのでモルタルで仕上げます。

 

 

残りの部分の作業は夏以降に施工する予定です。

お気軽にお問い合わせください TEL 0475-47-2391 受付時間9:00~21:00【土・日・祝日もOK!】