茂原市下永吉で造園工事です。

門から玄関まで延段、それに付随する移植、
延段とは別に植栽内を歩く路地になります。

まずは移植になります。
門から玄関までの道幅が狭いため庭木を撤去、移動し
道幅を確保します。
施工中の写真になります。
CIMG1749CIMG1750

 

 

 

 

NCM_0115NCM_0117

 

 

 

 

 

移植前と移植後になります。
植木の中に埋もれていた杉を広い方に出してきました。
NCM_0076NCM_0118

 

 

 

 

 

道幅が広がり歩きやすくなりました。
NCM_0078NCM_0119

 

 

 

 

 

 

玄関前の赤松は表側の枝が枯れてなくなってしまったので
180度まわして裏と表を入れ替えました。

CIMG1613CIMG1752

 

 

 

 

 

 

次に延段を作ります。
まず、玄関と門の高さを測定し高さの基準を作ります。
測定器で玄関、門、中間と高さをみて糸を貼ります。
CIMG1761CIMG1760

 

 

 

 

 

 

基準ができたら石を据えていきます。
今回は根府川石を使いました。
写真で1.5t程度ですが、全部で5t程度使います。
CIMG1762

 

 

 

 

 

初めに外枠を作り、その後中を詰めていきます。
大・中・小のバランス、石の形を見ながら1つ1つ据えていきます。
目地に空練り(水を加えてない乾いたモルタル)を詰めて
よく付き込みます。
CIMG1763CIMG1764

 

 

 

 

CIMG1765CIMG1766

 

 

 

 

 

 

最後に水をまいて空練りを固めます。
CIMG1768

 

 

 

 

CIMG1770CIMG1769

 

 

 

 

 

植え込み内に路地として飛石、お庭の隅に積んであった
棒石を据えたら完成です。

施工前と施工後になります。
NCM_0076CIMG1773

 

 

 

 

NCM_0080CIMG1771

 

 

 

 

NCM_0081CIMG1772

 

 

 

 

 

お気軽にお問い合わせください TEL 0475-47-2391 受付時間9:00~21:00【土・日・祝日もOK!】